こどもの絵は、こどものこころ┐んなちゃん、祝2、3冊目

 

かんちゃん、二冊目、三冊目、ほんとうによくがんばりました。

 

とても落ちついてレターに取り組む姿勢ができたこと、集中力が高まったこと、自分自身と他者の区別がついてきたことなど、かんちゃんにとって、とても大きな成長がみられた期間でした。

絵もまたそれを示しています。

 

2冊目では、たまごちゃん模写レターでハートや星の練習にチェレンジしました。

それを経て、半年。3冊目のおわりには、上級生でも難しい模写レターを立派に描いています。

心が強くなった証です。

好奇心をもち、チャレンジしようとする意欲をもち、行動に起こし、やり遂げた。

かんちゃんと接していて、一番うれしかったことです。

その一連の流れの中で培われた力は、かんちゃんの可能性を広げる根源となるスキルです。

なんでも、初めてのことは不安も恐れもある。

 

でも、そこを超えたいと挑むエネルギーは、

周りには、時にたわいもなく映るかもしれません。

目立たず、見過ごされがちな、小さな小さなこと。

そんなことでどうして?と感じられがちなこと。

偉大なものの出発点は、そういったものの集積です。

 

楽しい、大好き、最後はそんな想いが、継続する力、挑戦する力、生きる力にまでつながる。

とくに創造において、理屈ではない本能の部分がものをいいます。

 

ひとつひとつの行程の足場をかため、確実な核にすることは、かんちゃんの確かな支えになってくれます。

明日を、そのずっと先の未来をも示してくれる光が心に宿るのだと信じています。

これからの時代、まさにそんな力が不可欠です。

だからこそ、磨いて、磨き抜いて、かんちゃんのキラッキラに光る宝物にしてください。 

 

 

 

コメント